着圧ソックスで毎日気持ちよく過ごしましょう

同じ姿勢で仕事をしていると帰る頃には足がパンパンになる方が多くいると思います。

むくみを放っておくと全身がだるくなったり、静脈瘤になる恐れもあるので注意が必要です。

それらを予防するなら、着圧ソックスがおすすめです。

着圧ソックスを着用することでどんな効果があるのかご紹介します。

足のむくみを放っておかないで

 

立ち仕事長時間同じ姿勢でのオフィスワークをしていると、ふくらはぎが張ってだるくなる、夕方には靴がきつく感じる経験をしている方が多くいると思います。

 

むくみを放っておくと脚が太くなる原因に

それはリンパが滞って、足がむくんでいる証拠です。

それを繰り返していると、足がむくむことが当たり前になって、なにも感じなくなってしまうこともあります。

足のむくみを放っておくと、気づいたら足が太くなってしまったという事もあるでしょう。

そうなる前に、着圧ソックス予防してみてはいかがでしょうか。

 

用途にあった着圧ソックスがあります

仕事中や、就寝中、着圧ソックスを履いておくと、ふくらはぎが適度に加圧され、むくみの防止や改善に役立ちます。

着圧ソックスには、仕事中に履けるベーシックな黒いハイソックスタイプから、就寝中に履く足の指先がないタイプまで、非常に多くのバリエーションがあります。

 

圧の強さは『きついと感じないくらい』

また、圧の強さもいろいろあります。

締めすぎもよくないので、選ぶときは履いてみてきついと感じないくらいの強さのものを選びましょう。

 

毎日着用でむくみが軽減!!

着圧ソックスを毎日使うことで足のむくみの軽減に役立ちます。

また、効果には個人差がありますが、人によってはリンパの流れがよくなり、むくみが改善することで、足が細くなったという嬉しい結果がついてくることもあります。

むくみがひどくなる前に、ぜひ一度試してみてください。

 

足のだるさを感じたら

足がむくむと、足がだるくなります。

リンパに流れが滞ることで足がむくみ、それが足のだるさ、重さにつながります。

慢性的な足のだるさを感じている人は常にむくんでいる、つまり、慢性的にリンパに流れが滞っている証拠です。

 

リンパの流れが悪いと全身がだるくなります

リンパの流れが滞ると、老廃物が正常に除去できず、そのせいでだるさを感じるのです。

そして、むくみを放っておくと、ふくらはぎだけでなく、全身がだるく感じはじめることもあります。

それは、リンパはふくらはぎだけでなく、全身を流れているからです。

ふくらはぎの筋肉は、そのポンプの役割を担っています。

 

日々の運動やマッサージが辛い時は着圧ソックス

長期間同じ姿勢でいるオフィスワークや立ち仕事、運動不足などが原因で筋肉が衰え、それによりそのポンプの役割を正常に担えなくなり、全身に影響してくるのです。

ですが、仕事を辞めることはできないし、毎日運動するのも難しいと思います。

むくみを改善するために毎日マッサージを行うのも面倒でしょう。

そんなときは着圧ソックスに頼るのがおすすめです。

 

ソックスの圧力でリンパの流れを促進

着圧ソックスとは、足首からふくらはぎ、太ももにかけて圧力をかけることで血液やリンパの流れを促進するように作られています。

その圧が、ふくらはぎのポンプとしての機能を助け、毎日使うことで、むくみ改善効果が期待できます。

 

静脈瘤という言葉を知っていますか?

足の表面にはたくさんの表在静脈が通っています。

静脈瘤とは、その表在静脈が蛇行し、浮き上がってくる状態のことです。

 

むくみを放っておくと血栓性静脈炎の危険性も

先天性のものもありますが、ほとんどの原因は後天的なもので、立ち仕事の多い人などによく見られます。

症状がひどくなれば、うっ血や重量感、筋肉のけいれんなどが起こったり、もっとひどくなれば出血血栓性静脈炎などになることもあります。

 

リンパや血液の流れを良くすることで予防できる

初期症状は血管がちょっと膨れて見えてくる程度ですが、それを楽観視しないでください。

ひどくなれば静脈瘤切除しなかればいけなくなることもあるのです。

予防するには、とにかく足がむくまないようにすることや、リンパや血液の流れが滞らないようにすることが大事です。

 

好きなタイミングで履ける着圧ソックスはオススメ

一番簡単な予防として、着圧ソックス着圧ストッキングを履くことで、足首から徐々に加圧し、リンパや血液を流れやすくします。

仕事中でもいいですが、就寝中に履いて一日の疲れをとるのもいいでしょう。

 

自分に合った圧の着圧ソックスを見つけるのが大事

ただ、圧が強すぎてもいけません。

圧が強すぎると逆にリンパや血液の流れを悪くしてしまうからです。

立ち仕事をしている方などで、足の血管が浮いてきたかもと感じている方は、自分に合った着圧ソックスを履いて、静脈瘤予防をしてみてはいかがでしょうか。